糖質制限で短期間ダイエット

ダイエットの方法の1つに糖質制限があります。

日常的に毎日の糖質の摂取量を20グラム程度に抑える事で糖質を制限し、糖新生を起こしやすい体にしていき、カロリーの消費を早くする効果があります。

ブドウ糖は脳の活動に必要な栄養素であり、糖分を摂取する事で活動する力が上昇していきます。

その為ブドウ糖は栄養補給に必須のものの1つであり、体も求めている栄養素です。

糖質を過剰に摂取している場合、血糖値が常に高い値になりがちな状態になります。

その状態ではインスリンの分泌も多くなってしまっており、その影響で脂肪も分解しにくくなってしまいます。

糖質が過剰にある状態では糖尿病のリスクも高まりますので、体にとって悪影響しかありません。

逆に糖質を制限した場合、血糖を上昇させるホルモンが分泌されますが、このホルモンは脂質の分解を促進させてくれます。

また糖質が不足する事で脂質をエネルギー源に変更するのですが、この返還効率は糖質をそのままエネルギーとする方法と比較しカロリーを消費します。

その為生活自体消費カロリーが多い生活になっていく事になります。

この糖質制限によるダイエット効果は二週間以上経過しないと効果が出にくいのですが、短期間でダイエット効果が出た例もあります。

ただ他の短期間ダイエットの例にもれずリバウンドしやすいダイエットではありますので、夜間は糖質制限を継続するなど工夫が必要となります。

夜間は脂肪を蓄積しやすい時間帯ですし、実際にエネルギーはそれほど必要としない時間帯ですが、どうしても我慢出来ない場合は食物繊維が豊富な飲料を飲むなど満腹感のある飲料を摂取すると良いでしょう。

リバウンドは短期間ダイエットの大敵ですので、対策は必須なのです。