短期間のダイエットには注意が必要

短期間でダイエットを行う場合は、期間を限定し急激に体重を落とすようなダイエットは避けた方が好ましいとされています。

その理由の1つに急激なダイエットは体が飢餓状態になりやすくなってしまい、その結果おり栄養を摂取しやすい状態になってしまうためです。

本来人間の体は飢餓状態で栄養を摂取しやすい状態にする為の機能が多く、逆に栄養が過剰になった際に分泌されるホルモンはインスリン位しかありません。

体が飢餓状態になると、より栄養を効果的に摂取しようとする状態になる為通常の食事に戻した場合でもより栄養を吸収しやすい状態になり、体重が増えやすい状態にしてしまうのです。

その結果リバウンドが習慣化し、ダイエットを何回しても体重が落ちないとなってしまう人も珍しくありません。

短期間のダイエットを行う場合最も大切なポイントはアフターフォローです。

短期間集中のダイエットは体に負荷がかかりやすいですが、短期間に体重を落としたい場合はよく行われています。

またダイエット中は酵素ドリンクなど食物繊維が豊富で栄養成分も優れた飲料を摂取し、栄養補給も同時に行っていきましょう。

短期間ダイエットの後は通常は満腹状態になる量を摂取しても満腹にならない事がよくありますが、これは短期間ダイエットにより過剰摂取しやすい状態になってしまう為です。

通常は満腹になれば食事の美味しさも下がるものですが、食べ過ぎ状態でも美味しさを感じる状態になります。

単純な絶食は確かに一時的に体重は落ちますが長期的にはダイエット成功になりにくい方法ですので、正しいダイエットを行いましょう。

※関連リンクご紹介:好きな食べ物を我慢せずにダイエットする方法5つ